部 門 紹 介

リハビリテーション科
(臨床心理)

当院では、公認心理師および公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会が認定した臨床心理士の両方の有資格者による心理面接、心理検査を行っています。

心理面接では、症状の背後にある心の悩みや問題について、心理師とともに考えながら、解決の糸口を見つけていきます。当院では、カウンセリング、心理療法、動作法、心理劇、箱庭療法などを行っています。これらの中から患者さんに合った方法を、最初の数回の面接を通して、患者さんと一緒に決めていきます。いずれの方法も患者さん自身の変わりたい、向き合いたいという気持ちがなによりも大事になってきます。

心理検査は、患者さんのパーソナリティや発達、認知機能の状態などを心理学的に調べるための検査です。検査の結果は治療、支援のために活用されます。当院ではパーソナリティ検査、知能検査、発達検査、神経心理学検査などを行っています。
なお、心理面接、心理検査は、事前の主治医の診察が必要となります。


公認心理師・臨床心理士:6名
(うち非常勤3名)
うち、
日本精神分析学会 認定心理療法士スーパーバイザー:1名
日本リハビリテーション心理学会 認定トレーナー:2名
日本臨床心理劇学会 認定心理劇技能士:1名